Literature series

Fine Art

Literature series – Water, soil and body
2019
Size :  420 × 594mm
Medium : Photography, Kindei Paint, Water color paint, Washi(hand made paper)

I was raised in many of books. This series is filled with essence of novels which I love.
First I photo shoot naked self portrait, then print out the photos, cut it by scissors, combined with Washi (Japanese paper) like a collage, painted calligraphy on it, put gold leaf on. I brought those art works to garden put it on soil, took photography the art works. Printed out the photography, painted calligraphy on it again.
I have not use digital compositing skill.
The inspiration came from my favorite novels which is a lover turned to demon, disappeared in cherries bloom forest.
I wanted mix Nature, Photography and History in the art works.
The calligraphy writing is a sutra from 2700 years ago. Sutra says Buddha’s thought using Rain as a metaphor. I wanted incorporate the time of the sutra to my art work.

小説シリーズ – 水と土と身体 –
2019

私は本が好きで、小さい頃からたくさん小説を読んで育ちました。これらはそれら小説のエッセンスが詰まったシリーズです。坂口安吾の作品からこのインスピレーションを得ました。
まず自分の裸のセルフポートレイトを撮りそれをプリントアウトし切り抜き、そこに和紙を組み合わせ、それらをキャンバスに見立てて書を書き金箔を散らして作品として仕上げました。
その作品を木の下の土の上に置いて、撮影しました。死体が土に埋もれていくイメージで、身体の写真を土の上に置きました。花弁や枯れ葉が落ちていたり、苔むしてる土があります。その写真をプリントアウトして、さらにその上に書を描いています。書の内容はいろは歌と、いくつかのお経です。デジタルの合成技術は使っておりません。

私は自分の作品が自分の暮らしに密接であることが重要だと思っています。8歳の頃に書を始めており、小説や文章が好きな私にとって文字が重要な意味を持っています。書を書くことは心地よいことでもあります。紙も幼稚園の頃から工作をしたりして親しんでいます。私にとって自然で心地よい方法で作品をつくり、私が暮らす家の近くの庭の土の上で撮りました。

これは写真と自然と歴史を融合した作品です。
土は長い年月をかけて木を育てます。土の上に落ちている花弁は数日前に散ったものでしょう。時間の経過を感じます。
体や和紙の上に書いた書は、お経です。
いくつかの異なるお経を組み合わせていますが、一つは雨を例にとり釈迦の教えを語っています。雨が土に染み込み植物を育てるさまを思いながら、このお経を書きました。和紙は木からできています。
お経は古いもので2700年の歴史があります。インドで生まれ中国を通り日本に伝わりました。その長い時間や歴史も作品に取り込みたかったのです。
その長い時間を、地球の一部である土の上に置いて、地の歴史と一緒に撮りたかったのです。


No. 0


No.2


No.3


No.4


No.6


No.1


No.5

Details


Posted by

Artist